モノクルヲシ
モノクルヲシのヴォーカル/ピアニカ担当、
ババ エリナのお花と音楽と洋服と本と猫と自転車とジョギングと。
そんな毎日。

2011年08月17日

ほどけてきてる。

F1000191.jpgF1000192.jpg
私、温泉が嫌いなんです。
昔からずーっと嫌い。

体を洗うのにあの必要以上の広さとか、名前も知らない人といきなり同じ浴槽に浸かってしまう感じとか、信じられない。

広い浴槽で向かい合わせになってしまった知らない人とどう目線をやりとりして、どんなタイミングで浴槽から出たら良いのか、なにをどこからどうして良いものなのか、きっとあるであろう暗黙のマナーやルールが私はわからなすぎる。
知らない人がどんな事情で大きなお風呂に入ってきたのか、いろんな可能性がありすぎて、考えただけで気持ち悪い。

と言うと、
潔癖症かと煙たがられるけど、あまりにも無防備すぎる状況で、知らない人混みにいるのが、辛いだけなんだと思う。

一生、好んで温泉に入ることはないだろうなーと思っていたのだけれど。


人って、変わりますね(笑)。


最近、立て続けに温泉行ってます。

そしてあんなに嫌いだった温泉の良さがだんだんわかってきたような気がします。

きっかけは、肌荒れと岩盤浴。
肌が荒れているのが嫌で、試しに温泉療法をしてみたくなりまして。
遠くの街の、決して知ってる人には会いそうにもない岩盤浴がある温泉に行ってみました。

岩盤浴は、今までも何度か行ったことがあって、結構好き。
最近はさらにホットヨガで暑さがより平気になっていたから、ガラガラに空いた岩盤浴でヨガのポーズやストレッチをして、たくさんかいた汗を流しに温泉へ。
あー、私、今まで余計なことばかり考え過ぎてたんだなー。

と、湯船に浸かりながら思いました。

温泉って、自分の体を癒やす為だけに徹底的にマイペースになっても良い場所なんだなーと。

マイペースといっても、周りへの迷惑やマナー違反を試みないという訳ではもちろんなくて。
外からの視線を気にせずにマイペースに自分の体を癒やすメニューを考えては、それをこなして体が喜ぶことをそれぞれが楽しんでいるなーと。

温泉大嫌い。
っていう、ぎゅーっと凝り固まって簡単にはほどけない大きな塊が、頭を空っぽにしてゆったり湯船に浸かってみることで、少しほどけたような気がする。

自分の体が喜ぶように、体の反応・声に耳を傾けて対話をしていく感じ。

そんな体との対話感覚はヨガをきちんとするようになってから覚えた感覚だったから、温泉に浸かってみて、あーこれもヨガなんだわー!!と。

ずっとわからなかったことが、繋がっていくような不思議な感覚。

お肌もなんだか回復に向かっているし、これからもちょっと遠くの知らない街の温泉へ行ってみるのが、新しい趣味になりそう。

温泉デビューほやほやだから、お風呂の中で誰かと会話とかは、まだ信じられない!絶対ムリと、未だに思ってしまうけれど。
温泉マスターへ近づけるように楽しんでみようと思います。

昨日の休みは、秩父、長瀞の温泉行きました。
二時間並んで阿左美冷蔵でかき氷
→温泉と野菜料理バイキング
→荒川ライン下り
→温泉

次はどこの温泉行こうかなー。

8月28日
下北沢 lete
うたいませかたりませこがれませ
昼の部 14時/14時半
ババ エリナ(歌)
末森 樹(ギター)

夜の部 18時/19時
山福 朱美(絵本作家)
中川 五郎(弾き語り)

それぞれ
前売り2300円/ワンドリンク

新曲、おなじみ曲、織り交ぜながら、最近、学校に通って習っているヨガのスパイスをちょこっと取り入れ、リラックスができる状態へナビゲートしていくライブです。
リラックスしながらゆったりと聴く、繊細でピンとしたクラシックギターの音色は格別です♪
posted by erina at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。