モノクルヲシ
モノクルヲシのヴォーカル/ピアニカ担当、
ババ エリナのお花と音楽と洋服と本と猫と自転車とジョギングと。
そんな毎日。

2011年06月06日

深夜雑記。

最近、夜10時〜11時くらいに気絶しそうな程の睡魔がやってきて、丑三つ時の今くらい、目が覚める。

そしてしばらく真夜中の活動をしてしまう。

部屋掃除したり、本読んだり、あれこれ考えて一喜一憂してみたり…。


ライブやりたい!!
と思って、
お手伝いしてくれるステキミュージシャンにその都度お願いして、
みんな快く引き受けてくれて。

ライブやるから!!
と言って、
思いつくままに片っ端から友達に宣伝をして、
みんな快く遊びに行くねと言ってくれたり、
頑張ってね、とか、
楽しんでね、と励ましてくれたり。

私はこのまま狼少年になってしまうのでは…と、時々無性に心配になる。

今回は聴いて欲しいんだ、今回こそは会って歌いたんだ、
って、今回は狼が来るから大変なんだよ!!
に、似てる。


本当に狼が来てるかな?
少しずつ来てる兆しを感じてもらえたら良いのだけれど。


チェッ、
あいつまたウソつきやがった、
ウソに付き合って、
手伝うんじゃなかった、
聴きに行くんじゃなかったって、
がっかりしてしまう気持ちを手土産に持たせて帰してしまっているような気がどうしてもここにある。


こんなことばかりを繰り返していて、本当に本当に超一大事で会いたいと思った時にも、
どーせ狼は来ないんでしょ、って、会いたい人たちに会えなかったらどうしよう。
いや、それって充分ありえることだーって、ライブが近くなると毎回思う。


それだけ、私はまだ手伝ってくれる人、関わってくれる人、聴きに来てくれる人に、多くを与えてもらってばかりで、お返ししきれていない。

入場料や会場までの電車賃や、その人それぞれの毎日の生活の中での貴重な数時間。
こちらからひたすら貪りつくしてしまう泥棒になってしまわない為にも、頂いたチャンスで何をどれだけ、相当分、いや、それ以上に、私は与えることができるかな。

いきあたりばったりではなく、
なんとなくうやむやにしてやり過ごすのではなく、
きちんと考えて、9日にお伝えして、少しでも帰り道に楽しめる手土産になってくれたらいいなーと思います。

伝えたいことは、ちゃんと自分の言葉として発することができるまで考えて、伝わるように伝えようとしなくちゃ。

深夜の混沌。

会場に良い気流が充満するように。
私はその気流つくりをひたすら考えてばかりです。
posted by erina at 03:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。